お寺が舞台のラブコメ『てんぷる』は、煩悩まみれの男子主人公が面白い

漫画

『てんぷる』の概要

講談社の「good!アフタヌーン」で2018年に連載を開始した『てんぷる』助平一族の血を受け継いだ大学生「赤神明光」が、尼寺を舞台に数々のトラブルを巻き起こすラブコメ漫画です。

 


マテリアル・パズル ゼロクロイツ(1) (モーニングコミックス)

作者の「吉岡公威」先生は、人気ファンタジー漫画のスピンオフ『マテリアルパズル・ゼロクロイツ』や、大学生のハチャメチャなダイビングライフを描いた『ぐらんぶる!』などを手がけています。

エロい女体を描くことに関しては、かなりの腕前だと思われます。

煩悩まみれの禁欲主人公「赤神明光」

この赤神明光の人生に女など不要!!!

明光は女性と関わらない一生を送ろうとしてました。それには彼の家系が関係しています。

「赤神家」は代々女好きの家系で、明光の父「赤神春風」は、「全ての女子とねんごろになる」と5歳の明光に言ってのけたほど。明光はそんな父親と血塗られたスケベの血脈を嫌悪していました。

とはいえ性欲は健康な男子そのもの。一目惚れした蒼葉結月をはじめ、美女だらけの尼寺で性欲を押さえつけるのも一苦労です。

ちなみに明光は、めちゃめちゃ料理が上手。明光に不信感を抱く蒼葉家の次女・月夜に「ヤバい マジで毎日食べたい!!」と思わせるほどです。

尼寺に住むヒロインたち

明光が一目惚れした脳筋長女「蒼葉結月」

17歳とは思えぬグラマラスなボディが魅力の長女「蒼葉結月」は、この漫画のメインヒロイン。可憐な見た目ですが、手刀で岩石を真っ二つにするほどの怪力の持ち主です。

毒舌な妹・海月からは、「脳筋」呼ばわりされますが、家族を大切に思う気持ちは人一倍。お寺の復興のため、長女らしいしっかりとした一面を見せることが多いです。

ダイナマイトボディの勝気な次女「蒼葉月夜」

気の強い次女「蒼葉月夜」。ひょんなことから明光に、自らのダイナマイト乳を揉まれたことで、彼への不信感を丸出しにします。

寺から明光を追い出すため、帳簿の整理を命じたり、風呂からお墓まで幅広い範囲の掃除をさせたり(明光は一瞬で終わらせてしまう)。挙げ句の果てには滝行ならぬホース浴びをさせてまで、お寺から追い出そうとします。

 

つるぺた三女「蒼葉海月」

「売るなら人としての尊厳がいいんじゃないかな 長く稼げるし」

明光が尼寺に対して負う、借金の返済方法を全員で考えていた際、この発言で周囲の度肝を抜いたのが三女の海月

彼女にフューチャーした回がまだ少ないので、交友関係や過去エピソードなど、明らかになっていない部分は多いです。

 

えっちなことが嫌い?な爆乳美少女「ミア・クリストフ」

明光の来る半年前から、三日月寺にホームステイしていた爆乳美少女。※僕の見たところおっぱいのサイズは結月以上月夜以下といったところでしょうか。

とにかくえっちなことが嫌いで、ラッキースケベしまくりの明光を寺から追い出そうと奮闘します。

明光のラッキースケベの数々

ここでは明光が遭遇した(彼の意志関係なく)ラッキースケベの数々を紹介していきます。

 

  • 結月の慌てて着た着物がグズグズで、胸元からお乳がこぼれてしまう(第1巻の第1話)
  • 井戸に落ちた明光がボロボロの状態で月夜に出会って、偶然後ろから覆いかぶさり、彼女の左乳を右手でガッツリ揉んでしまう(第1巻の第2話)
  • ミアの腹にロケット頭突きをして、2人とも倒れる。すると明光の右手が彼女のシャツと下着の間に空間を作っていた。要はブラジャーが丸見え状態(第1巻の第2話)
  • 明光と月夜が狭い洋服ダンスのなかにギュウギュウ詰めで隠れる月夜のボインが明光の体に当たりまくり(第2巻の第13話)
  • 白刃どりをしようとしたらミアの乳を揉んでしまった。(第2巻の第14話)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました