ロボット×魔法×絶望!『マテリアルパズル・ゼロクロイツ』の魅力をネタバレとともに紹介

漫画

ゼロクロイツはマテパシリーズのなかでも1番絶望的で、でも1番熱い作品だと思います。

 

『マテリアルパズル・ゼロクロイツ』は、魔法を使う兵器・クロイツと、人類の天敵・ロボットの戦いを描いた、バトルファンタジー。

魔法と機械が交錯する世界観で、理不尽な戦いの末に人が死んでいく悲しさや、予測もつかない奇想天外なストーリーが見所です。

敵ロボットとのバトルが熱いゼロクロイツ


土塚理弘先生原作の人気ファンタジー漫画『マテリアルパズル』。

その壮大な物語に繋がる始まりのお話が、吉岡公威先生作画の『マテリアルパズル・ゼロクロイツ』です。

ベルジという青年が「クロイツ」という魔導兵器を操り、人間を殺戮する鉄身の巨人「ロボット」と戦う物語。

この記事では3つの魅力に分けて、マテパゼロクロイツの魅力を紹介していきます。

魅力① 絶望的シチュエーション

この作品は絶望的なシチュエーションが何度も訪れます。

例えば、最強のクロイツを所有する女神・ミトがロボット最強の「虹」と戦ったときのこと。虹とミトには因縁があり、ミトの兄と父が命をかけて、それぞれ虹を一体ずつ道連れにしています。

ミトは奥義・太陽陣を使いギリギリの勝利を収めました。しかし、すぐさま新たな虹が登場します。虹を倒した喜びが大きかった分、読者にも伝わってくる絶望の大きさでした。

しかし絶望に比例して、難敵を倒したときの爽快感は大きくなるもの。そんなカタルシスもこの作品の魅力です。

魅力② 機械と魔法のバトル

ロボットのビームや、クロイツの魔法による激しいバトルも見所。

特にクロイツの魔法は、重力(三千大千世界)羽(エンゼルフェザー)炎(焦天回廊)などさまざまな種類があります。

そんな強力な技の数々でロボットを倒していく様子は迫力があり、面白いです。

魅力③ 主人公が死ぬ予想外のシナリオ

なんと物語の終盤で、主人公のベルジが死亡します。

ベルジはロボットのなかでも最強と言われる虹を2体葬ったものの、その戦いで燃え尽きてしまい、この世を去ることになりました。

息もつかせるまもなく、ロボット以上に強大な存在「デュデュマ」が人類を滅ぼそうと復活。

そこでベルジのライバルだったシュウガが、デュデュマに戦いを挑むという熱い展開になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました